ほうれい線に効果的なエイジングケア化粧品の選び方

ほうれい線は目元にできる深いしわと共通した面があり、肌の老化によって生じるのが大きな特徴です。ですからエイジングケア化粧品でほうれい線ケアを行っていく際にも老化対策を主な目的にしたうえで適切な製品を選んでいく必要があります。

肌を支える力の低下がほうれい線の原因

ほうれい線の特徴はもともと笑顔など表情を浮かべたときにできるしわだということです。

 

肌にハリと弾力がある若い頃なら表情を引っ込めたときに元に戻るのですが、老化によって肌を支える力が低下すると元に戻すことができず、普段からしわが刻まれた状態になってしまうのです。そのためほうれい線と一緒に頬のたるみが生じるケースも多く見られます。

 

こうした事情のため、肌を支える力を取り戻すことがほうれい線対策の最大の鍵となるわけです。そのためには真皮層で肌を支えているコラーゲンを増やすことが第一。

 

真皮層では繊維状のコラーゲンがエラスチンとともに網の目のように張り巡らされており、それが肌全体を支える役目を果たしています。しかしこのコラーゲンが加齢などの影響で減少すると肌を支える力が低下し、ハリ・弾力の低下とともにほうれい線ができやすくなるのです。

ほうれい線ケアの化粧品を選ぶ時は、真皮層に届きにくいコラーゲンは体内で生成されるのを促すのが効果的

難しいのはスキンケアでコラーゲンを肌に直接塗布しても角質層の奥にある真皮層には届かないことです。そのため直接補うよりも体内でコラーゲンが精製されるのを促したほうがよいとされています。

 

コラーゲンは繊維芽細胞という細胞によって作られるため、この細胞を刺激して働きを活性化させる成分をエイジングケア化粧品で補っていきましょう。代表的な成分にはビタミンC誘導体、レチノール、ビタミンE、プラセンタエキス、フラーレンなどが挙げられます。

 

また肌の弾力とハリには保湿対策も欠かせません。また肌の乾燥でバリア機能が低下していると紫外線のダメージが肌の深くにまで達しやすくなり、真皮層のコラーゲンを破壊してしまう恐れもあります。

 

それを防ぐためにもセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分も補えるエイジングケア化粧品を選びたいところです。この辺は美容液だけに頼らず、乳液・クリームなども役立てながらケアを行っていきたいところです。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

ムース生まれのパウダーファンデ!360°美肌パウダーでどの角度からも美肌!
3,240円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!