厚化粧したくない!ナチュラルメイクの仕方ってどうやるのでしょうか?

年齢を重ねるとどうしてもシワやシミといった悩みをカバーしたいと過剰に意識して厚化粧になってしまいがちです。欠点をカバーすることができたのはいいもの、不自然な仕上がりでかえってまわりから「いかにもごまかしている」と思われてしまいます。それだけにいかにうまくカバーしつつ自然に見せることができるか、大人ならではのナチュラルメイクが問われます。

ナチュラルメイクにするためには明るいトーンを意識することが大切

ファンデーションQ&A

まず知っておきたいのは「ナチュラルメイクとは何か?」です。言葉の響きから誰でも感覚的に理解できるようであいまいな面があるからです。まずナチュラルメイクとは「メイクをしない」わけではありません。そして「すっぴんの魅力を引き出す」ともまた違います。しっかりメイクをしたうえでごく自然に見せる。すっぴん感覚ではなくあくまで「メイクを自然に見せる」ことが大事です。年齢を重ねるとこれが難しく、ナチュラルメイクを意識した結果シワやシミが目立ってしまう、といったことになりかねません。

 

また、20代〜30代のナチュラルメイクでもてはやされている「素肌よりも素肌っぽい」イメージにも注意が必要です。40代〜50代になるとこれも現実的な目標とはいえないからです。

 

このように、年齢に合わせたナチュラルメイクを目指していくことになるわけですが、その基本は明るいトーンを意識することです。50代の肌はどうしても肌全体のトーンが暗くなってしまい、それを意識しすぎると厚塗りになって今度は真っ白になってしまうことも。そうならないためにも明るめ、ピンク系、ピンクパープル系のファンデーションで明るいトーンを目指してみましょう

 

自分に合った明るいカラーを見つけることができれば厚塗りをしなくても明るく健康的に見せることができるでしょう。

コンシーラーを活用するのもナチュラルメイクにする方法

ファンデーションQ&A

それからコンシーラーをうまく活用するのも大事なポイントです。これは目元によく見られるシワやくすみを自然に隠す上でも大きな意味を持っており、ムラを防ぎつつ全体を健康的に見せていくことができます。

 

またちょっと勇気がいるかもしれませんが、ファンデーションを使う範囲を思い切って狭めてみるのもよい方法です。顔の中心部分だけにしっかり塗付し、外側のフェイスラインはごくごく薄く伸ばすだけ。最初はさじ加減が難しいかもしれませんが、厚塗りを避けるとともにカバーしたい部分はしっかりカバーしつつ全体を薄くナチュラルに見せることができるようになるでしょう。

 

これまで欠点をファンデーションでカバーするという意識ばかりが先行していた方はこうしたポイントを踏まえつつメイクに対する考え方そのものを見直してみましょう。
50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング>>

50代で使ってみたい人気ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

50代ファンデーションアテニアラスターフィニッシュ

粉感・厚塗り感無し!ウルウルのツヤ感が1日中続くアテニアの新作ファンデ
2,200円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>