ファンデーションの色選びのポイントはどんなことなのでしょうか?

ファンデーションの色は自分の肌色に合わせて選ぶことが大前提です。当たり前のように思えますが、じつはこれがうまくできていない人も多く、不自然な印象になってしまっているケースを見かけます。どうして自分に合わないファンデーションの色を選んでしまうのか?その理由を知ることが適切な色を選ぶポイントにもなってきます。

ファンデーションの色選びでは顔と首の色に違和感がないものを選ぶこと

ファンデーションQ&A

まず過剰に白さを意識してしまう点。典型的なのがメイクをばっちり行った顔と首との境界線がはっきりと見えてしまうケースです。顔だけ不自然に白く、合わないファンデーションを選んでいるのがひと目でわかってしまいます。それを避けるためにはフェイスラインに塗ってみて違和感がないかどうかをチェックしてみましょう。

 

たとえば手の甲にファンデーションをとってみて色を選ぶケースがよく見られますが、手の甲と顔の肌の色ではかなり違いがあるので適していません。

 

もうひとつありがちなのはファンデーションのイメージキャラクターを意識してファンデーションを選んでしまうことです。つまり自分もそのイメージキャラクターのようになりたい、と同じ色を選ぶわけです。当然のことながら日ごろからお金をかけてケアしている芸能人と同じ肌をしている人はごく少数、自分とは違うのだという意識のもとで色を選んでいくことが必要です。

 

こうした基本を踏まえたうえで色ごとの特徴を踏まえながら選んでいきましょう。その際には自分の肌色がイエローベースとブルーベースのどちらに分類されるのかを確認しておきましょう。口紅の色選びとも共通する部分ですが、このベースとなる肌色のタイプによって色選びの基準が変わってきます。

ファンデーションの色を選ぶ際は明るい場所で色合いを確認すること

ファンデーションQ&A

もともと色白で紫外線を浴びても赤くなるだけの方はブルーベース、肌が黄色く日焼けしやすい方はイエローベースです。

 

どちらのタイプにしろ肌に近い色を選ぶわけですが、イエローベースの場合はベージュ系、オークルといったやはり黄色い系統の色が合います。一方色白のブルーベースはピンク、ピンクオークルといった白と相性がよい色が合っています。

 

あとブルーベースの方には血色がよく赤みを帯びている肌も見られますが、こちらはピンク系は避けてオークル系かベージュ系が適しています。

 

このように肌色を踏まえた色選びでカラーを決めていくことになるわけですが、その際には暗い場所ではなく明るい場所で使ってみたときの色合いを確認するようにしましょう。普段メイクをしている自宅の洗面所はちょっと暗い、という方はリビングなどで確認するなどの工夫も心がけましょう。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

@コスメパウダーファンデ1位!進化したムース生まれのパウダリーを一足早く体験
化粧下地S(ミニサイズ)限定セット1,620円・税込 ※個数限定無くなり次第終了
ドラマテックスキンセンサーベースUVミニサイズ10ml・ドラマティックパウダリーUV特製サイズ2種・やわらかフィットスポンジ付
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

プリオール美つやBBパウダリー

プリオール美つやBBパウダリー

ツヤによるハイライト効果で小じわ・シミ・くすみをしっかりカバーするBBパウダー
3.240円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!