メイクでたるみをカバーできる?その方法は?

シミはメイクで隠すことはできるけれどもたるみは難しい、と考えている方も多いはずです。肌の表面が変化したシミに比べて肌そのものの形が変わってしまったたるみはメイクでカバーできるものではない、と考えてしまいがちです。

たるみ部分にファンデーションを塗りこむと厚塗りになりは却って顔の凹凸が目立ちやすくなる

50代ファンデーション人気たるみカバーメイク

ただ、適切なメイクをすれば顔全体を驚くほど立体的に見せることができるように、シワやたるみによってできた顔の凹凸もうまくカバーしていくことが可能です。

 

まずたるんだ部分にファンデーションを「塗りこむ」ようなメイクは避けましょう。厚塗りになって不自然に見えてしまいますし、全体がのっぺりした仕上がりになってかえって凹凸が目立ってしまう恐れがあります

 

年齢を重ねるにつれてどうしても厚塗りになりやすくなりますから、メイクでたるみをカバーしていく上での基本中の基本として踏まえておきましょう。

 

そんなたるみ対策のメイクではコンシーラーの使用がお勧めです。とくに目の下のたるみに使用するととても効果的なカバーできます。その際のポイントは明るめのカラーを選ぶことです。

 

50代の肌はかなり全体のトーンが暗くなっていますが、それよりも2トーンくらい明るい色を使ってみましょう。「こんなに明るいカラーを使っても大丈夫なの?」と思うくらいでもOKです。

 

ベースメイクのファンデーションと重ねながら立体感を引き出していくのがポイント、指でファンデーションとうまく馴染ませながら塗付していきましょう。

たるみをカバーするにはファンデーションの2色使いやチークなどを上手く利用するのが効果的

50代ファンデーション人気たるみカバーメイク

そしてあまり広範囲には使用せず、カバーしたいたるみの部分にピンポイントで使用するのも大事な点です。メリハリをつけることでたるんだ部分を明るく見せて目立たなくさせることができるのです。

 

その前のファンデーションはできるだけカバー力に優れたものを。ただし50代の肌は刺激に敏感になっているので落とす際のクレンジングの負担も考慮したうえで適切なものを選びましょう。その意味ではあくまで肌に負担をかけない範囲内でのメイクが大前提とも言えます。

 

そしてファンデーションはひとつのカラーではなく2色使います。2つの色をうまく馴染ませることで全体を明るくみせるとともにたるみを目立たなくさせることができます。まず1色目をパウダーファンデーションで塗付した後に2色目をリキッドファンデーションで重ねづけすると効果的です。

 

これらは基本的な部分、あとは気になる部分ごとにチークなどでピンポイントのメイクをすればより効果的にたるみをカバーしていくことができるでしょう。試行錯誤が必要ですが、実際に試しながら自分にピッタリのメイク方法を見つけていきましょう。
50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング>>

50代で使ってみたい人気ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

50代ファンデーションアテニアラスターフィニッシュ

粉感・厚塗り感無し!ウルウルのツヤ感が1日中続くアテニアの新作ファンデ
2,200円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>