涙袋の影やたるみ…メイクでカバーできる?

涙袋といえば立体的で印象的な目元を演出できる部分のため、若い頃はメイクでわざわざ涙袋を目立たせることもあります。しかし年齢を重ねていくとこの涙袋にたるみが生じることで老けた印象を与えてしまうという大きな問題がでてきます。

涙袋の影やたるみをメイクでカバーするにはハイライトを活用する

50代ファンデーション人気た影カバーメイク

たるみでシワができるだけも厄介なのにそのたるみが肌の表面の凹凸となって影を作ってしまう点も厄介です。その結果目の周りが暗くなったり、黒いクマができてしまうなどのトラブルが起こります。

 

メラニン色素の沈着が原因で起こる茶褐色のクマや血行不良で起こる青いクマに比べてこの涙袋の影によってできるクマはなかなか改善が難しいのが難点です。そもそもの原因となる涙袋のたるみを改善するといってもエイジングケアでも限界があります。

 

となるとメイクでなんとかカバーすることになるわけですが、影なのでファンデーションを塗りこんで隠す、といったことができません。それだけにメイクでのカバーではひと工夫が必要です。

 

一番手軽にできる方法はハイライトを活用したものです。ハイライトは光をうまく利用して立体感を引き出すのに適していますが、目元に使用することでたるみのよるくぼみ、影を目立たなくさせることも可能です

 

ポイントは目じりから涙袋〜目頭までのライン、そして額から鼻筋にかけてハイライトを使うことです。これらの場所を明るく見せることでたるみで暗くなってしまった部分をカバーできます。

涙袋の影やたるみを隠すのではなく他の部分に注意を背けるようなメイクも効果的

50代ファンデーション人気た影カバーメイク

それから涙袋の部分に注意を向けさせない、他の部分に目を向けるよう誘導するようなメイクも有効です。隠すのが難しいのなら目に触れないようにしてしまおうというわけです。

 

この場合は黒クマから少し離れた部分に明るいメイクをするのがポイント、明るめのアイシャドウを使う、アイラインをくっきりと引くなどの方法がおすすめです。アイラインはブラウン系のほうが自然に見えるので試してみましょう。

 

こうした方法を取り入れたうえでファンデーションとコンシーラーで仕上げればかなり目立たなくさせることができるはずです。コンシーラーもやはり明るい色、オレンジ系がお勧めです。あとは光を反射させる効果を備えたファンデーションもお勧めです。

 

この涙袋のたるみや影をメイクで完全にカバーするのは難しいですが、いろいろと工夫してみることで目立たなくさせることはできます。エイジングケアによるたるみ対策も取り入れたうえで自分なりに自然に見えるメイク方法を試行錯誤してみてはいかがでしょうか。
50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング>>

50代で使ってみたい人気ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

50代ファンデーションアテニアラスターフィニッシュ

粉感・厚塗り感無し!ウルウルのツヤ感が1日中続くアテニアの新作ファンデ
2,200円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>