年齢にふさわしい眉毛の描き方は?

眉毛の描き方は年齢を重ねるにつれて難しくなっていきます。とくに40代以上、老化の影響が肌に現れるようになってくると眉と目の位置関係に変化が生じるため、30代までと同じ感覚で眉毛を描いていると不自然な感じになってしまうこともあります。

50代では目元のたるみを引き上げて見せる適度な太さが必要

50代ファンデーション人気た影カバーメイク

最大の注意点は「たるみの影響で顔全体は下がっていくのに眉だけは上がっていく」ことです。肌がたるんで筋肉が衰えるのにどうして眉だけは上がるのか?

 

それは視力の低下やかすみ目の影響で目を凝らしてみる際、眉を上げることでこの部分の筋肉だけが発達してしまうからです。この点は眉間や額のシワともかかわってくるので重要なポイントでもあります。

 

では50代という年齢に相応しい眉毛の書き方のポイントはどこにあるのでしょうか?まず太さに注意しましょう。若い世代を見ると細い眉毛こそ若々しく理想的なスタイルというイメージを持ちますが、50代で細い眉毛を描いてしまうと不自然、というよりも若さを強く意識しすぎてちょっと痛々しい感じがしてしまいます。

 

またカーブを意識しすぎるとやはり「いかにも作っている」感じがしてマイナスです。基本は自然で豊かな印象を与える眉。適度な太さでストレートに描きましょう

 

適度な太さは上がった眉と下がった目元の間隔を埋める作用もあるので目元のたるみ全体を引き上げる視覚効果をもたらしてくれる点でも重要なポイントです。若さや流行を意識しすぎず、オーソドックスなスタイルで行きましょう。

50代で眉毛を書くときはヘアカラーと同じくらいややや暗い色を用いる

50代ファンデーション人気た影カバーメイク

なお、おしゃれ感や小顔効果を出したい場合には目じりの辺りで少しだけ下に向かってカーブを描いてみるのもお勧めです。もちろん、不自然にならず自然な印象を損なわない範囲で行うのが大前提です。

 

もうひとつ注意したいのがカラーです。50代のメイクのポイントは明るいカラーを活用することだとよく言われます。これは血色や肌の透明感の低下から暗いトーンになってしまうため、全体を明るく見せるために必要だからです。

 

しかし眉毛に関しては逆、明るいカラーを使うと眉毛の明るさだけが不自然に浮き上がってみえてしまう恐れがあります。この辺りは肌の色・トーンによって判断が異なる部分もありますが、基本は髪の毛と同じ色かやや暗めのカラーを使いましょう。

 

あとはしっかりと左右対称に。たるみなどが目立つようになると顔全体が左右非対称になりがちなのでそれに釣られて眉毛も非対称になってしまうことがあります。

 

鏡でよく確認しながら確実に描いていきましょう。とくに難しいことはなく、年齢に相応しい落ち着いた印象の眉毛を心がけること、これが50代の眉毛の描き方の基本となるでしょう。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

@コスメパウダーファンデ1位!進化したムース生まれのパウダリーを一足早く体験
化粧下地S(ミニサイズ)限定セット1,620円・税込 ※個数限定無くなり次第終了
ドラマテックスキンセンサーベースUVミニサイズ10ml・ドラマティックパウダリーUV特製サイズ2種・やわらかフィットスポンジ付
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!