クリームとパウダーの良いとこ取りをしたエマルジョンファンデーションとはどんなもの?

クリームファンデーションとパウダーファンデーションのいいところだけを取り入れたエマルジョンファンデーションが注目されています。基本的にはリキッドタイプ、クリームタイプの延長線上にあるのですが、パウダータイプのように気になる部分に簡単に塗付できるメリットも備えているのです。

エマルジョンファンデは塗りやすくカバー力にも優れている

エマルジョンファンデーション

リキッドファンデ、クリームファンデのメリットは密着性に優れている点です。化粧崩れを起こしにくいだけでなくカバー力に優れているのでシワやシミ、くすみといったトラブルをうまく目立たなくしていくのにも適しています。しかしもともとが液状ということもあってピンポイントでのメイクにあまり適していない面もあります。

 

それに対してパウダータイプは気になる部分にパウダーを塗付することでピンポイントのメイクを行うことができます。全体には薄くつけつつもシワやシミの部分にはしっかり使うといった工夫がしやすいのです。ただ液状のリキッド、クリームに比べると伸ばして使えない分ムラができやすく、またカバー力も一歩劣る面があります。

 

エマルジョンファンデーションは本来液状のリキッド・クリームタイプを押し固めて練り状にしたことで塗りやすく、カバー力に優れ、それでいてピンポイントのメイクもしやすいといういいとこどりのような内容を実現しているのです。

 

しかもクリームと同様油分が多めなほか、保湿成分が配合されているものも多く、乾燥肌・敏感肌にも使いやすく、ハリやツヤを出す効果も期待できます。年齢肌にとってこれほどありがたい選択肢はないのではないか、と思えるほどです。

エマルジョンファンデを選ぶ際はメリットだけを得られる製品を!

エマルジョンファンデーション

ただもちろんメリットだけでなく注意点もあります。いいところどりな面がある一方、中途半端な部分も持ち合わせているからです。完全な液状ではない分ムラなく塗りにくくなりますし、粉末状ではないので毛穴にうまく塗りこんでカバーするのも難しくなります。リキッド、クリームタイプと同じように密着性が高い分クレンジングで落とす際に肌に負担をかけてしまう恐れもあります。

 

ですからできるだけメリットだけを得られる製品を選んでいくことが大事です。トラブルが気になる場合にはカバー力に優れたものを、刺激が気になる方は落としやすく保湿力に優れたものを、ピンポイントのカバーが必要かどうかでも選ぶ基準が変わってくるでしょう。

 

あくまで自分の肌との相性を踏まえたうえで最適な製品を選んでいく、少し難しい部分があるタイプでもあります。ただその点をクリアしてピッタリな製品を選ぶことができれば年齢肌に負担をかけることなくトラブルをカバーしていく理想的なメイク環境を手に入れることもできる、そんな可能性を秘めているファンデーションでもあります。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

@コスメパウダーファンデ1位!進化したムース生まれのパウダリーを一足早く体験
化粧下地S(ミニサイズ)限定セット1,620円・税込 ※個数限定無くなり次第終了
ドラマテックスキンセンサーベースUVミニサイズ10ml・ドラマティックパウダリーUV特製サイズ2種・やわらかフィットスポンジ付
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!