ニキビがある時にファンデーションを使っていい?その塗り方は?

ファンデーションを厚塗りすると肌に負担がかかってしまうとよく言われます。それだけに薄塗りでいかにうまく仕上げるかがポイントなのですが、そうなるとニキビで炎症を起こしている肌には使えないのか?と思うのも無理もありません。

パウダーファンデは低刺激なのでニキビ肌におすすめ

ニキビ肌のファンデーション

ファンデーションにはオイルが含まれていますから、ニキビ肌に使うと確かによくない印象もあります。ひと昔前なら使わないほうがよい、というのが一般的な見解でしたが、ありがたいことに技術の進歩もあって現在ではニキビ肌でも使えるファンデーションが増えています。さすがにニキビができている間はファンデーションを使わない、というわけには行かないもの、ニキビ肌でも問題なく使用できる製品を探してみましょう。

 

このニキビ肌に使うファンデーション選びには2つのポイントがあります。まずニキビ肌でも問題なく使える低刺激なもの。もうひとつはニキビ肌を改善するに役立つものです。後者はスキンケア製品としての役割も兼ねているわけです。

 

前者の場合はパウダータイプがオススメです。とくに鉱物(ミネラル)を主成分に作られているミネラルファンデーションがニキビや乾燥肌・敏感肌に適した内容で人気を得ています。カバー力は少し落ちますがニキビ肌にもっとも適した選択肢といってもよいでしょう。

 

他のパウダータイプを選ぶ場合にはパウダーの粒子が細かいものがオススメです。厚塗りをすることなく肌に密着させることができるのでニキビをうまくカバーすることができますし、クレンジングの際にもあまり刺激を与えずに落とすことができます。

保湿成分が配合されているファンデはニキビを改善しやすい

ニキビ肌のファンデーション

後者の場合は保湿成分が配合されているものがオススメです。ニキビ肌は脂っぽいので保湿成分は必要ないと考える方も多いかもしれませんが、炎症を起こした肌はバリア機能が低下し角質層の構造に乱れが生じています。保湿成分をうまく補いこれらの修復を促すことでニキビが回復しやすい環境へと導くことができます。

 

あくまで美容液やクリームでの保湿がメインですが、日ごろから肌が不安定でニキビの再発を繰り返している方などはファンデーションでもうまく保湿対策を行っていくようにしましょう。

 

塗り方にも注意が必要です。パウダーファンデーションの場合はパフやブラシを使用することになるため、ニキビの部分を刺激しないよう柔らかめのものを選ぶようにしましょう。またニキビの部分は指で直接塗付するのもひとつの選択肢です。

 

またパフとブラシは雑菌が繁殖しないようつねに清潔な状態を心がけましょう。ただでさえ炎症を起こしている肌に雑菌が付着したパフ、ブラシでファンデーションをつけてしまってはみすみす悪化させてしまうようなものです。指を使う場合もあらかじめ手を洗って清潔な状態で心がけましょう。

 

肌に優しいファンデーションを清潔な環境で使えばニキビ肌でもメイクができますし、回復を促すこともできるのでぜひ自分に合ったファンデーションを見つけていくようにしましょう。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

@コスメパウダーファンデ1位!進化したムース生まれのパウダリーを一足早く体験
化粧下地S(ミニサイズ)限定セット1,620円・税込 ※個数限定無くなり次第終了
ドラマテックスキンセンサーベースUVミニサイズ10ml・ドラマティックパウダリーUV特製サイズ2種・やわらかフィットスポンジ付
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!