ファンデーションは化粧下地と同じラインで揃えた方がいい?

化粧品選びにおける大きなテーマであり悩みの種でもあるのがライン使いです。果たしてライン使いをするべきか?それとも単品でそろえた方がよいのか?どちらの意見もあってまだ答が出ていない状況です。

ライン使いは相性が良く相乗効果も期待できる

50代ファンデーション人気下地とライン使い

ライン使いは同じ目的やコンセプトで開発されたシリーズの製品を使うことで相乗効果が期待できる点が大きな魅力です。

 

また同じラインならアイテム同士の相性を気にする必要がないのでそれぞれのアイテムの長所を引き出すことができます。

 

この点はファンデーションと化粧下地のように密接なかかわりがあるアイテム同士においてとくに重要な意味を持つでしょう。

 

化粧下地はファンデーションのノリをよくすることが主な役割ですから、ラインでそろえたほうがその効果が期待できるのは間違いないでしょう。

 

最初から同じラインのファンデーションを使うことを前提に作られるわけですから、他のメーカー・ラインのファンデーションを使うよりも効果が期待できるのは容易に想像できるというものです。

 

ファンデーションの効果を引き出したい、厚塗りはできるだけ避けたいという方はラインで揃えることを前提にした方がよいかもしれません

 

ただ必ずしもライン使いの方が絶対にいい、とは言い切れない面もあります。化粧下地とファンデーションに関してはライン使いをしなくてもそれほどデメリットがない面もあるからです。

別ラインでもデメリットは少ない

50代ファンデーション人気下地とライン使い

たとえば化粧水や美容液の場合、単品で揃えると両方に含まれている美容成分が過剰になってしまったり、それぞれの含まれている美容成分や添加物がお互いの効果を打ち消してしまうといったマイナス面をもたらす可能性もあります。

 

しかし美容成分で肌を整えることが主な目的ではない化粧下地とファンデーションではこうしたマイナス面は起こりません。ですから無理にライン使いにこだわらず単品で揃えるのもひとつの選択肢でしょう。

 

たとえば化粧下地で保湿対策や紫外線対策を行っておけばスキンケアの効果を高めることができますし、ファンデーションの後にフェイスパウダーを使うことでベースメイクの効果を高めることもできますから化粧下地とファンデーションの相性にこだわる必要はないともいえます。

 

このように基本的にはライン使いの方が望ましいですが、化粧水や美容液などスキンケアアイテムに比べるとそのメリットは少なく、肌の状態も踏まえつつ単品で揃えてもデメリットはそれほどないといえます。

 

この辺りはライン使いは価格面でやや高くなるデメリットもあるので自分なりに検討して判断するようにしましょう。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

ムース生まれのパウダーファンデ!360°美肌パウダーでどの角度からも美肌!
3,240円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!