乾燥・敏感・脂性…それぞれの肌質別ファンデーションの選び方

乾燥肌で選びたいファンデーション

植物由来の保湿成分なら肌にも低刺激

50代ファンデーション乾燥肌

乾燥肌のファンデーション選びでは保湿を意識してみましょう。

 

化粧水や美容液といった基本的なスキンケアで保湿対策を行うのはもちろんですが、ファンデーションでも保湿成分を補うことで乾燥を改善していくことができます

 

セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が配合されているファンデーションも増えているのでいろいろと選んでみるとよいでしょう。

 

保湿成分に関しては植物由来のエキスを配合したファンデーションも増えています。肌に刺激が少なく、肌環境の改善効果が期待できるような植物由来のエキスを探してみるとよいでしょう。

 

スキンケアの一環としてファンデーションを選んでみるという視点も意識していきたいところです。

 

それから肌に負担をかけないかどうかもやはり重要な点です。敏感肌ほどではないとはいえ毎日のメイクが肌に負担をかけてますます乾燥が加速したり、肌荒れなどのトラブルの原因を作ってしまう恐れがあります。

 

この点に関してはファンデーションに含まれている添加物の存在と、クレンジングの負担の2点が重要なポイントとなってくるでしょう。

 

石油由来の合成界面活性剤はもちろん、合成香料・着色料などファンデーションとしての役割とは直接関係がない添加物は避ける、それからエタノールや防腐剤にも注意が必要です。

防腐剤の中でもパラベンは肌への負担が特に大きい

50代ファンデーション乾燥肌

防腐剤は製品を長持ちさせるうえで重要なものですが、乾燥肌の方が使用すると肌のバリア機能を低下させるなど負担になってしまう恐れがあります。

 

とくにパラベンは肌への負担が大きいといわれる防腐剤なので意識してチェックしてみるとよいでしょう。

 

ファンデーションを落とす際にクレンジングの負担がかからないかどうかも大事な部分です。

 

これはファンデーションの種類と深く関わっており、リキッドファンデーションのようにカバー力が強いタイプはクレンジングの洗浄力が必要なので乾燥肌にはあまり向いていません

 

この点でファンデーションに向いているのはミネラルファンデーションです。カバー力は少々弱めですが、クレンジングで落としやすく、しかも先ほど触れた添加物が少ない点からも乾燥肌に非常に向いています。

 

評価が難しいのはクリームファンデーションです。しっとりとした使い心地で保湿力に優れている一方、崩れにくい分クレンジングで落としにくく、製品によっては肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

製品ごとの使い心地や落としやすさをチェックしたうえで選んでみると良いでしょう。あとはまだ製品の数は限られていますが、リキッドタイプの保湿力とパウダータイプの使いやすさを兼ね備えたエマルジョンファンデーションも乾燥肌に適したファンデーションなのでオススメです。
50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング>>

敏感肌で選びたいファンデーション

トラブルカバーのための厚塗りで肌環境が更に悪化

50代ファンデーション敏感肌

敏感肌はとにかく肌への刺激をできるだけ避けながらスキンケアとメイクを行っていくことが第一です。

 

肌荒れや小じわができやすい肌質なのでどうしてもファンデーションでカバーしたくなるものですが、厚塗りしてしまうとますます肌環境が悪化してしまう恐れがあるので要注意です。

 

まずファンデーションのタイプの選択、使いやすくクレンジングで落としやすいことが大前提です

 

乾燥肌とも共通してくる部分ですが、敏感肌のほうがより刺激に敏感なためより意識が必要になるでしょう。

 

ファンデーションの種類の中でもっとも敏感肌に適しているのはミネラルファンデーションも含めたパウダータイプでしょう。適度なカバー力を備えつつ落としやすいので敏感肌にも無理なく使える製品を見つけやすいタイプです。

 

ミネラルファンデーションは添加物やオイルが使われていないものが多いのでとくに刺激が気になる人に向いているでしょう。ポイントはパウダーの粒子が細かいかどうか。

 

細かい粒子が毛穴や肌にしっかりとフィットすることで小じわや毛穴をカバーすることができます。オイルフリーやクレンジング不要で洗顔だけでも落とせるタイプなど、乾燥肌・敏感肌を意識して作られた製品が多いのもこのタイプの魅力です。

 

それから添加物。石油由来の合成界面活性剤や合成香料はもちろん、製品の品質を維持する上で必要な防腐剤も敏感肌にとっては負担になってしまうことがよくあります。

成分によるアレルギー反応を起こす可能性も

50代ファンデーション敏感肌

防腐剤フリーの製品は品質保持期限が短くなるなどの問題もあるので使いきれるかどうかも意識したうえで選んでみるとよいでしょう。

 

さらに敏感肌の場合はアレルギーにも注意したいところです。

 

先ほど肌に負担が少なく向いているタイプとしてあげたミネラルファンデーションにはマイカやチタンといった物質がよく含まれていますが、ごくまれにアレルギー反応を起こす可能性もあります

 

それほど神経質に考える必要はありませんが、過度に刺激に敏感になっている方は注意してみたい部分です。

 

技術の進歩で現在でも続々と新しいファンデーションが登場しており、敏感肌でも使いやすい製品が増えている状況です。その意味ではひと昔前に比べて選びやすい環境にあるのは間違いないでしょう。

 

たとえばやわらかい感触で肌に負担をかけずにツヤとカバー力を発揮するクッションファンデーション、リキッドタイプのカバー力とパウダータイプの使いやすさを兼ね備えたエマルジョンファンデーションなども敏感肌が意識してみたいファンデーションの選択肢として挙げられます。

 

最新の製品情報などもチェックしながら自分の肌に合った製品を選んでいきましょう。

脂性肌で選びたいファンデーション

50代ファンデーション脂性肌

脂性肌は皮脂の分泌量が多く肌ばベタつきやすいのが悩みの種です。

 

せっかくメイクしたのにすぐに皮脂のせいで崩れてしまうことも多く、またメイクと皮脂が毛穴を詰まらせてニキビや肌荒れを起こしてしまう問題も抱えています。

 

ファンデーション選びではこうした脂性肌ならではの問題を意識しつつ適した製品を選んでいくことが重要です。

 

メイクが崩れやすいだけにカバー力がしっかりしたものを選びたいところですが、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合オイルの配合量が多いのでただでさえ脂っぽい肌がますますベタついてしまう恐れがあります

 

オイルが少なめのリキッドタイプを選ぶのもひとつの選択肢ですが、パウダーファンデーションも選択肢に加えてみましょう。

 

パウダータイプはすぐに浮き上がって崩れてしまう、という脂性肌の方も多いかも知れません。そんな方はパウダーの粒子が細かく、皮脂を吸着させる働きを持つパウダーファンデションを選びましょう。

 

粒子の細かいパウダーがシワや毛穴にしっかりとフィットすることで皮脂にも浮き上がることなく崩れるのを防ぐことができます。また余分な皮脂を吸着する効果が崩れるのを防ぐだけでなく全体の脂っぽい状態を改善することもできます。

化粧崩れ対策用のファンデーションも用意

50代ファンデーション脂性肌

脂性肌向けのパウダーファンデーションも市販されていますから、パウダーの粒子と皮脂を吸着させる効果を意識して選んでみましょう。

 

それから使い心地、ベタつきやすい肌質なのでサラサラした軽い感触の製品が求められます。

 

パウダーファンデーションの中にはスポンジに水を含ませた状態でファンデーションと混ぜながら使えるタイプもあります。

 

水分を含んだ状態なので肌に滑らかに塗付していくことができる一方、その水分が蒸発していく過程でパウダーがしっかりと肌に密着しサラサラした感触で化粧崩れを防ぐことができます。

 

こちらもパウダーファンデーションを選ぶ際にぜひ意識しておきたい部分です。

 

もうひとつ、夏場など皮脂の分泌量が多くなる時期だとどうしても崩れやすくなってしまうものです。ですから崩れたときに手軽に直すことができるかどうかも重要なポイントでしょう。おすすめは化粧崩れ対策用に別のファンデーションを用意しておくことです。

 

ミネラルファンデーションやルースファンデーションは外出先でも手軽に直すことができますから、普段のメイクと直すとき用の二段構えで脂性肌のメイクを検討してみてはいかがでしょうか。
>>50代で使ってみたいファンデーション口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい人気ファンデーション

B.A クリーミィファンデーションM

B.A クリーミィファンデーションM

保湿力もカバー力もほしい50代に!ポーラ最高ブランドBAの人気ファンデーション
11,800円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

50代ファンデーションアテニアラスターフィニッシュ

粉感・厚塗り感無し!ウルウルのツヤ感が1日中続くアテニアの新作ファンデ
2,200円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

リペア ミネラルファンデーション

リペア ミネラルファンデーション

100%天然由来!高いカバー力なのに自然に仕上げるミネラルファンデーション
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,900円・税別
公式HPで詳しく見てみる!>>